カテゴリー別アーカイブ: KIRIKA ~同じ人間がいる、もう一つの世界~

【ブログ限定エピソード】それぞれが描くエンディング分岐

**********************
この記事はAndroidアプリ「KIRIKA~同じ人間がいる、もう一つの世界~」のネタバレを含みます。
35話まで既読済の方のみご覧下さい。

**********************

ブログ限定エピソード「それぞれが描くエンディング分岐」

ジン 「おい、お前ら知ってるか?このアプリ、一本道かと思いきや、エンディングが分岐するって!」

メイミ 「そんなの今読んでる人ならみんな知ってるよ!」

ユーリ「そうですか?僕は初耳なんですけど・・・。」

メイミ「ユーリちゃんは最近恋愛に夢中で他の事は全然頭に入ってないもんね~!」

ユーリ
「!!・・・そ、そんなことありませんよ!!」

ジン
「まぁ、とにかく・・・この物語の最後は3通りに分岐するらしいんだわ。」

メイミ
「へぇーそれでそれで!?」

ジン
「で、この場を借りて、俺たちの要望を作者に提案しようというわけだ!」

ユーリ
「 ええ!?・・・そういうのはすでに決まっていたりするんじゃないんですか!?」

ジン
「 ノンノンノン!運命なんて俺たちの手で変えてみせようぜ!」

メイミ
「 なにそれ?かっこいいこと言ってるつもり?」

ジン
「 うっせーな!・・・ま、そういうことで俺の分岐プランはこうよ!」

【ジンのエンディング分岐プラン】

1. ユーリの甘ったれぶりに愛想をつかされる
2. ユーリの独占欲に愛想をつかされる
3. ユーリの心配性に愛想をつかされる

ユーリ
「 ちょっと待ってください!何なんですか、この分岐!」

ジン
「 いや、どう考えても俺は最近これしか思い浮かばねぇーんだよな。」

ユーリ
「 どの分岐も僕と彼女がうまくいかないことばかりじゃないですか!」

メイミ
「 でも、確かにどれになってもおかしくないよね!」

ユーリ
「 僕は甘ったれじゃありません!それに独占欲は・・・彼女を好きだったら当然のことでしょ?あと、心配症なのは・・・彼女もうれしいって喜んでくれてるんです・・・何も問題・・・ないじゃないですか・・・!!」

メイミ
「 あー・・・また自分の世界に入っちゃってるよ。」

ジン
「ま、こんな奴放っておいて、お前はどうなんだよ、メイミ?」

メイミ「 メイミのエンディング分岐はじゃじゃーん、これなのだ!」

【 メイミのエンディング分岐 】

1. ユーリちゃんと別れて、ジンの恋人になる
2. ユーリちゃんと結婚するが、ハルキと不倫する
3. ユーリちゃんが束縛しすぎて、スニケットでもいいやってことになる

ジン
「 ぶっ・・・!!なんだ、この選択肢!」

メイミ「 キリカとユーリちゃんってなんか不釣合いなんだもーん!」

ユーリ「 ひどいよ、メイミ・・・僕の目の前でそんなことを言うなんて・・・!!」

メイミ
「 ひどいのはそっちでしょ!ユーリちゃん、他に好きな人がいるのにメイミのこと弄んで・・・!!」

ユーリ
「 !!・・・誤解を招くような言い方やめてください!!」

メイミ
「 ちぇ!」

ジン「 それで、ユーリの選択肢は?・・・あ、やっぱお前はいいな。だいたい想像がつく。」

ユーリ
「 なんでカットしようとしてるんですか!ジンさんとメイミよりもちゃんとしたこと考えましたよ!作者も納得するはずです!」

ジン
「 へぇー、そんなに言うんなら見せてみろよ。」

ユーリ
「いいですよ、これです!」

【 ユーリのエンディング分岐 】

1. 神都フレイブリース
2. 泉都ハルホット
3. 海都リーネガイル

ジン
「 あ?なんだ、この街の名前は・・・。」

ユーリ
「 ふふっ・・・僕と彼女の新婚旅行の行き先です!どうですか?ジンさんとメイミと違ってちゃんとした選択肢になっているでしょう?」

メイミ
「 選べる未来の幅せまっ!!っていうか、前提条件がユーリちゃんと結婚なんて・・・。」

ジン・メイミ「 ないない!」

ユーリ「 二人だって、逆に僕を陥れるような選択肢しかなかったじゃないですか!!」

ジン
「 なあ、ところでユーリ、なんでこの3つの街なんだ?」

ユーリ
「 えっとそれはですね、まずフレイブリースは僕たち二人が星が降り注ぐ夜にお互いの気持ちを知って恋人になった思い出の場所じゃないですか・・・。」

ジン
「 まあ、それは察しがつくな。それであとの2つは?」

ユーリ
「 ふふっ・・・実はハルホットは彼女が僕に対してはじめて大好きって言ってくれた場所なんです。」

ジン
「 ・・・(あー・・・恋愛感情全くなしの、あれね。)」

ユーリ
「 リーネガイルはご存知の通り、僕の故郷なんですが・・・逆に遠出するよりも近くでゆっくりする方の彼女の負担にならないかなと思って・・・。」

ジン
「 ゆっくりするはいいけど、新婚旅行っぽくねーな。」

ユーリ
「 いえ、彼女は僕の家から見る花火を気に入ってくれてるんです。その後は、僕の部屋で星をみながら一晩中愛し合うんです。」

ジン
「!!?」

メイミ
「!!?」

ユーリ
「 え?僕、何かおかしいこと言いました?」

ジン
「 い、いや・・・何も問題ないな。」

メイミ
「う、うん・・・何も問題ないよね!」

ユーリ
「 そうですか?・・・ふふっ、エンディング分岐はこれで決まりですよね!すごく待ち遠しいです!」

*****************

ま、このエンディング分岐が採用されることは絶対に有り得ませんので、お気になさらず。。

分岐内容はすでに決まっています。

どの分岐で続編がスタートするからはユーザー様からの支持で決まるので、

全部読んでエンディングにたどり着いたら、

ぜひ、マーケットのコメント欄に「○○ルート支持します!」と書いてくださいね!

全体のユーザー数も企業様がやっているものに比べものにならないほど少ないので、

あなたの一票で読める続編がかわるのも大いに有り得ます。

その前に人気がなくて続編が出せないってことにならないようにしないと・・・orz

ここまで読んで頂きありがとうございました。

2012.10.25
神森 真昼

【2012.10.26 内容を修正しました。】

【KIRIKAの読者様へ】第36話のアップは10月28日を予定しています。

物語がロードできなくなってしまったユーザー様が多数いらっしゃるようで、大変ご迷惑をおかけいたしました。

10月20日付のプログラム修正が起因して、
一部の端末でロードが止まってしまうという不具合が発生しました。

現在はプログラム修正前の状態で動作していますが、
まだ動かないことも十分に想定されます。

ロードがうまくいかない方はこちらのブログにコメント、
またはTwitter(@DARKDRIVENET)、メール(info@darkdrive.net)でお知らせください。
その際はご使用の端末名称、不具合の状況、アプリのバージョンを記載していただけると幸いです。
なお、メールの場合はこちらから返信差し上げますので、受信設定をご確認下さい。

ユーザー様からお知らせがなかった場合は、
不具合が改善されたということで10月28日に物語を更新させていただきます。

今後も、KIRIKAをよろしくお願い致します。

2012.10.25
神森 真昼
NECO

KIRIKAのストーリーが読めない方、読めなくなってしまった方へ

KIRIKAの次のストーリーが読めなくなってしまった方などの不具合がありましたら、

お手数ですが、こちらのブログのコメント欄、もしくはinfo@darkdrive.netまでご報告ください。

その際には使用端末、状況を添えていただけるとうれしいです^^

たくさんの方に読んでいただきたいので、ぜひフィードバッグにご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

2012.10.24
神森 真昼

ユーリ君のプロフィール(第34話既読済の方対象)

※※ この記事はAndroidアプリ「KIRIKA~同じ人間がいる、もう一つの世界~」のネタバレ要素を含みます。※※
すでに既読済みの方のみご覧頂けたらと思います。

20121022_yuri

このテキストはもう読みましたか?

読んでいない方は見ちゃだめですよ(笑)

*****

ユーリ君のプロフィール

*****

【 名前 】

ユーリ・グラセウス

【 年齢 】

15歳

【 出身地 】

海都リーネガイル

【 職業 】

貿易商の跡取り
(現在は精霊使い護衛任務中)

【 趣味 】

アクセサリー作り・読書

【 特技 】

シールド(霊獣ガーディアス)
料理(本人はそうは思っていない)

【 大切なもの 】

母が作ったイヤリング
自分が今までに作ったアクセサリー

【 家族構成 】

父子家庭の一人っ子
(しかし、父は多忙のためほとんど不在)

【 仕草の特徴 】

嘘をつく時にイヤリングに触れる(本人は気付いていません)
たまに女の子っぽい仕草をする(本人は気にしています。)

【 恋愛ゲームにおけるユーリ君の属性ワード 】

年下、弟系、敬語、嫉妬深い、独占欲強い、甘えん坊、自惚れや、見栄っ張り

*****

主人公はもちろんキリカ(あなた)ですが、

ユーリは第2の主人公でもあり、彼の成長の物語でもあります。

恋愛をする相手のわりには、かわいらしい面が多かったり、攻め切れなかったりと、

草食男子代表みたいな感じなところありますが・・・(笑)

これから主人公を好きになって、旅の中でいろんなことを経験して、

成長していくユーリを暖かく見守って頂けたらと思います。

2012.10.22
神森 真昼

ジン誕生秘話(第3話既読済の方対象)

※※ この記事はAndroidアプリ「KIRIKA~同じ人間がいる、もう一つの世界~」のネタバレ要素を含みます。※※
すでに既読済みの方のみご覧頂けたらと思います。

20121019_jin

今日はジンについての裏話をご紹介します。

主人公がルカに来て、初めて登場する男性キャラクターで、

物語では年齢は記載していないですが(本人が言いたがらないのか(笑))

一応28歳設定です。

主人公よりも11歳も年上なんですね。

【 ジンの顔 】

細い目にしたいというのが、構想にあったのですが

思っていたよりも大きめになりました。

主人公たち(10代)よりも、もちろん大人っぽい顔をしてないといけないし、

かといって、あまりにも大人っぽくしてしまうと

キャラに合わないので試行錯誤の末こんな感じに・・・

【 ジンの髪型 】

ハルキの時にも書きましたが、ウェーブは苦手なのに・・・

ジンもウェーブなんですよね。

ハルキはかっこいいのイメージからウェーブを取り入れましたが、

ジンは私のイメージの中でウェーブだったので、それを妥協せずに再現しました。

金髪と水色で意見が別れたのですが、

水色だとクールっぽさがどうしてもでちゃうので、

金髪にしてキャラの設定を重視しました。

【 ジンの服装 】

水色というイメージもあったので、青系を使いたくて

ストールを身につけました。

武器が剣なんだから戦う時にストールは邪魔なんじゃとも思いましたが、

その辺は見なかったことに・・・^^;

ここまで読んでいただきありがとうございました^^

2012.10.19
神森 真昼

ユーリ君誕生秘話(第20話既読済の方対象)

※※ この記事はAndroidアプリ「KIRIKA~同じ人間がいる、もう一つの世界~」のネタバレ要素を含みます。※※
すでに既読済みの方のみご覧頂けたらと思います。

20121015_yuri

今回はユーリについての裏話を紹介します。

なぜ、このスクリーンショット・・・・。

私はこの船の上でのジンとユーリの掛け合いがわりと気に入っています^^

【 ユーリの顔 】

ユーリはもう最初からイメージが固まっていて、あまり苦労話がありません。

かっこいい雰囲気だが、子供っぽさを残すことを心がけてデザインしました。

現在28話まで作成していますが、彼の表情パターンが一番多く、

立ち絵のパターンとの組み合わせまで考慮すると2500~3000パターンあります。

イベントシーンはまた別途書き下ろしなのでそれも含めると・・・もう数え切れません。

【ユーリの髪色】

黄緑、水色、金髪でかなり悩みましたが、私がプロットを書いている時から、

ずっと頭の中で黄緑色のイメージで動いていたので、結局それを採用しました。

黄緑色の髪の男性キャラクターって恋愛ゲームであまり見かけない気もするし、

個人的には「本当にこの色にしてよかった」と思っています。

【ユーリの髪型】

ユーリの髪型も自分の中で固まっていたので、こちらもあまり苦労話がないです。

特徴としては中心の前髪が短く、外側になっていくにつれ長くなり、内にはねるようにしています。

【ユーリの服装】

マントとか・・・昔のRPGじゃないんだからと自分でも突っ込みつつも、

お金持ちのご子息感を出すために着用しました。

途中、部屋や船内にいるときは脱いだりするので、その違いを楽しんで頂ければ(笑)

ちょいちょい装飾品を身につけているのは、

自分で作ったアクセサリーが多いです。

わりと手先が器用なんですね!!

【ユーリの仕草】

10話の花火に誘われるシーンで、

ユーリが顔の近くで手をあててニコッと笑う、いかにも女の子っぽい仕草があります。

ユーリは父子家庭ですが、父はほとんど家にはおらず・・・

ほとんどは家政婦さんたちが育てたと言っても過言ではない状態。

そんな女性に囲まれて育ってしまったためか、

たまに仕草が女の子っぽいのがあったり、趣味がアクセサリー作ることだったりします。

ですが、決してそうしたくてしているわけではありませんので、

「ユーリ君、かわいい!」なんて言ったら機嫌を損ねてしまいます。

本人は一応気にしているみたいですね!

本当はプロフィールとかも載せていきたいですが、

もう少しお話が進んでからの方が書けることが多いのでその辺で~!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

2012.10.15
神森 真昼

ハルキ君誕生秘話(第1話既読済の方対象)

※※ この記事はAndroidアプリ「KIRIKA~同じ人間がいる、もう一つの世界~」のネタバレ要素を含みます。※※
すでに既読済みの方のみご覧頂けたらと思います。

20121014_haruki

今日は第1話に登場する藤堂ハルキのキャラデザに関する話をご紹介します。

初期設定は学校のアイドルぐらいのポジションでしたが、芸能活動に励む高校生におさまりました。

やっぱり芸能人から告白されるのはドキドキするし、

まだそこまでの知名度がないというのが私なりのリアリティです。

嵐並みに人気な人来ちゃったらおそらく収集つかなくなるでしょうし。(笑)

【髪型】

髪型はプログラマーのNECOと話し合い、

神森「男性から見てイケメンだと思う芸能人は誰?」

NECO「松潤と水嶋ヒロ」

神森「どっちも髪がウェーブなイメージがあるよね!それでいこう!」

こうしてハルキ君は髪がウェーブになりました。安直ですみません。

でも、私自身が絵が得意ではありませんし、ウェーブな髪も書いたことがなく・・・

試行錯誤の末こうなりました。

話が進むにつれ、上手くなったらまた少し手を加えるかもです。^^;

【名前の由来】

この物語は下の名前が全員カタカナ表記になっています。

これはもう一つの世界ルカでも違和感なく演出するために敢えてこうしたというのもありますが、

私が過去に書いた作品はわりとカタカナが多かったりします。

そして、ハルキは・・・名前を考えている時に、ふと某小説家の名前が浮かんだので、

そのまま採用しました。

(意外に適当ですみません^^;)

【ハルキ君の顔】

一際目立ってイケメンにする必要があったので、かなりキャラデザを書き直して制作しました。

おそらく5パターン以上はあるかと思います。

ナオトには申し訳ないけど、彼をむしろかっこよくしすぎないようにしました(笑)

【ハルキ君の髪色】

やはり2050年設定はともかく、バルを現実世界に置き換えて読んで欲しいというのがあるので、

オーソドックスな茶色にしました。

主人公がアッシュっぽい髪色なので、並んだときに現実にいてもおかしくない雰囲気を作ってあります。

主人公がバルに帰って、彼と付き合える日はいつになることやら・・・。

・・・とこんな感じで、ハルキ君は誕生しました。

また時間がとれたら他のキャラの裏話についても書いていこうと思います。

ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました^^

2012.10.14
神森 真昼